6月27日、テレビ朝日と共同制作を行う『M 愛すべき人がいて』のスピンオフドラマ『L 礼香の真実』が配信され、礼香の過去が明らかになり、話題となっている。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした小説を原作に、ドラマならではの彩りを加えた話題の連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』に登場するマサ(三浦翔平)の秘書・姫野礼香(田中みな実)の、“秘密”が初めて明かされるオリジナルスピンオフドラマ。礼香はなぜマサに執拗なまでの愛情を注ぐようになったのか?そして、愛を手に入れる為ならどんな手段を厭わないという常軌を逸した人格はどのように形成されたのか?礼香が小学生の頃から長年想いを寄せた初恋相手の正幸(通称:マサ)との思い出を振り返る中で、礼香の秘密が明かされていくストーリーとなっている。

 物語は、行きつけのバーで礼香が小学生時代の初恋の思い出を語り出すところから始まる。当時、体が弱く友達もいなかった礼香は、そんな自分にも優しく接してくれた人気者の男子・マサこと正幸に恋をする。

 しかし、マサにラブレターを渡したところ、同じくマサのことを好きなカースト上位の女子・歩夢(通称:アユ)に読まれてしまい、礼香はいじめの対象に。「気持ち悪〜こんなのもらったらマサ、迷惑だから」「マサはアユのことが好きだから。お前みたいな気持ち悪い女、マサを好きになる資格とかないから」とキツイ言葉を投げかけられるのだった。

 そこでなにかが切れた礼香は覚醒。アユの取り巻きの女子の髪の毛にガムを練りこみ、ハサミで脅迫したりと狂気的な行動にでる。

 さらに、取り巻きだった女子たちを次々と味方につけていくと、彼女らとクラスの写真週刊誌『週刊マンデー』を作成することに。わざと女子トイレを満室にし、アユがトイレに行けないように仕組み、アユのおもらし姿をキャッチ。スキャンダルを作り上げた結果、アユを転校にまで追い込んだ。

 礼香の初恋はどのような結末を迎えるのか。5話〜7話は7月4日(土)24時05分よりABEMAプレミアム会員向けに独占配信される。