6月27日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ 『M 愛すべき人がいて』第6話が放送され、付き合いだしたアユとマサが話題となっている。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え壮大なスケールで描く連続ドラマ。脚本は鈴木おさむが手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…とドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブストーリーに昇華した。

 想いを伝え合い、交際をスタートさせたアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)。

 ふたりはアユとの生活のためにリフォームされたマサの家で一緒に暮らすことに。マサの家に初めて訪れたアユの喜ぶ姿に、マサはにっこり。肩を抱き、「アユ、ここで一緒に暮らそう」と甘い言葉を呟くと、ふたりは幸せそうな笑顔を見せた。

 翌朝、アユは「今日から家ではマサって呼んでもいいですか?」とプライベートでの呼び方を提案。敬語もやめることを決め、ますますカップルらしく。さらにマサの服もアユが選ぶようになったりと、ラブラブな様子だった。

 そんなふたりには、視聴者から「アユとマサいちゃいちゃしてるなぁおい」「アユとマサのこと、アホかわいくていいカップル…幸せにね…とか思うようになっちゃってる」「幸せそうなアユとマサ専務みてるとなんか幸せな気分になるな」「マサ呼び捨てされて嬉しそうじゃん…」「この辺のイチャイチャは原作通りですね」「アユが服選ぶようになってマサがライダース着なくなったってことはアユはライダースあんまり好きじゃなかったんかな」などの声が上がっていた。