6月27日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ『M 愛すべき人がいて』第6話が放送され、歌手の浜崎あゆみのレコードを思い出させるアユのジャケット写真が話題となっている。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え壮大なスケールで描く連続ドラマ。脚本は鈴木おさむが手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…とドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブストーリーに昇華した。

 様々なテレビ出演を経て、ブレイクを果たしたアユ(安斉かれん)は、すっかり売れっ子に。それに伴い、ドラマのなかでは、ドラマのもととなった歌手の浜崎あゆみのCDジャケットの写真を彷彿とさせる撮影シーンが次々と登場。

 編み込みヘアのアユが向かい合わせに並んだ8thシングル「TO BE」や、水色のヘアに翼をはやした姿が印象的な6 thシングル「WHATEVER」、ショートカットのアユが複数人映し出された9thシングル「Boys&Girls」など、時代を彩ったアユを思い出させる懐かしいシーンが満載となった。

 そんな細かい演出には、視聴者からも「アユのジャケット再現率高い!」「めっちゃ懐かしい・・」「エモすぎる」「アユ大好きだったな〜」「TO BEのあゆちゃん再現度すごい」などの反響が多数寄せられた。