6月27日、テレビ朝日×ABEMA共同制作ドラマ 『M 愛すべき人がいて』第6話が放送され、三浦翔平&白濱亜嵐コンビの復活が話題となっている。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、そしてそこに秘められた出会いと別れを描き大ヒットした話題作「M 愛すべき人がいて」(小松成美著・幻冬舎刊)を原作に、ドラマならではの彩りを加え壮大なスケールで描く連続ドラマ。脚本は鈴木おさむが手掛け、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、そして恋路を阻む強敵たちとの戦い…とドキドキハラハラする要素満載のジェットコースター・ラブストーリーに昇華した。

 AXELSの解散を経て、理沙(久保田紗友)と結婚することを決めた流川(白濱亜嵐)は、マサ(三浦翔平)へそのことを報告。

 マサもまた、自身がアユ(安斉かれん)と付き合っていることを告げた。すると、流川は「これまで自分の仕事とプライベートを分けてきたマサさんがその選択をしたってことは、全てをアユに注ぐって決めたんだなって。そんな人がマサさんに現れてうれしいですし、かっこいいっす」とふたりを祝福。「俺にできることがあったらなんでも言ってください」とマサへの変わらぬ尊敬を明かすと、マサは「なぁ流川、もう一度おれの右腕になってくれないか?」と提案。ふたりは再びタッグを組み、ともに前に進んでいくことを決めた。

 そんなマサ&流川コンビの復活には、ネット上では視聴者から「マサと流川が再び、タッグを組む!!! やっぱりこの2人もいいねー!! 熱い友情!!! 最大のヒット曲かーーー」「流川とマサで本が薄くなっちゃう」「やっぱマサ×流川がこのドラマの最推しカプでしょ…」「流川とマサすこ」「マサさんと流川くんの共闘は熱い」など歓喜の声が上がっていた。