<大相撲初場所>◇四日目◇15日◇東京・両国国技館

 前頭筆頭・妙義龍(境川)が横綱・鶴竜(陸奥)を押し出しで破り、星を2勝2敗の五分に戻した。

 三日目に横綱・白鵬(宮城野)を破り、連続金星に挑んだ妙義龍。横綱にとっては不名誉な記録だけに、鶴竜はなんとか阻止したいところだったが、この日も元気なく妙義龍に押し出されて敗戦となってしまった。

 今場所は前頭筆頭・遠藤(追手風)が連続金星を達成しており、「1場所に2度目の連続金星」は戦後初の快挙となった。

 AbemaTVで解説を務めた元小結・若荒雄の不知火親方は「合口があるのか、妙義龍のほうが落ち着いている感じがしますよね」と、この日まで11勝9敗とほぼ五分の成績だった鶴竜が、妙義龍に苦手意識があるのではないかと指摘した。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより)