藤崎智、3回戦トップ2勝目で首位肉薄「出来ることを精一杯」/麻雀・RTDトーナメント2019 グループC

 「RTDトーナメント2019」グループC 3回戦(全4回戦)が6月16日に放送され、RTD初出場の藤崎智(連盟)が2勝目を挙げた。このトップでトータル2位と順位は変わらずも、トータル1位の佐々木寿人(連盟)に25.1ポイント差まで肉薄した。

 対局者は起家から佐々木寿人(連盟)、藤崎智(連盟)、鈴木たろう(協会)、松本吉弘(協会)。

 藤崎は初戦トップ発進を決めていたが、2回戦では放銃ゼロもアガリもゼロで、ラスを引いていたため、開局から踏み込んだ。

 東1局、役牌を仕掛けていた藤崎に、親番・佐々木から9巡目にリーチが飛んできた。さらに松本からも跳満確定の追っかけリーチが入る中「仕掛けてテンパイを入れた以上は全部切る」と腹を括り、中・赤で2000点(+供託2000点)をアガリ切った。

 解説の白鳥翔(連盟)も「これは点数以上に価値あるアガリ」と藤崎の闘志を絶賛した。

 さらに藤崎は南2局、2着目で迎えた親番で、4巡目に佐々木から先制リーチを受けながらも、華麗な打ち回しを披露。12巡目に3メン待ちのテンパイを入れ、追っかけリーチを決断。見事リーチ・ツモ・赤・ドラに仕上げ、1万2000点(+供託1000点)を加点しトップ目に立ち、待望の2勝目を挙げた。

 対局後のインタビューでは「出来ることを精一杯。他の3人ほど読みも強くないんですけど、一生懸命、場を見て読んで、自分なりに精一杯」とはにかんだ。

 このトップで最終戦では、佐々木との首位通過争いが濃厚となった。「今日は(佐々木とは)敵として戦っていますけど、うちの団体を背負ってくれているトッププロなんで、やっぱり強いな、さすがだなという感じですね。本当に麻雀は認めているんで、認めていないのは人間性だけですから」と笑わせた。

 百戦錬磨のベテランプロとして、言葉をも巧みに操るこの余裕こそが、強さの秘訣なのかもしれない。【福山純生(雀聖アワー)】

【グループC 3回戦結果】

1位 藤崎智(連盟)3万6400点 +56.4
2位 佐々木寿人(連盟)3万6100点 +16.1
3位 鈴木たろう(協会)2万3600点 ▲16.4
4位 松本吉弘(協会)3900点 ▲56.1

【グループC 3回戦終了時点の成績】

1位 佐々木寿人(連盟) +88.5(3/4)
2位 藤崎智(連盟) +63.4(3/4)
3位 松本吉弘(協会) ▲61.0(3/4)
4位 鈴木たろう(協会) ▲90.9(3/4)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA〜Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV
 

▶【現在放送中・見逃し視聴あり】RTD TOURNAMENT2019 Group C 3回戦/4回戦

▶RTD TOURNAMENT2019 全試合リスト


関連記事

おすすめ情報

AbemaTIMESの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索