チュートリアル徳井義実さんの会社に約1億2000万円の申告漏れなど指摘 東京国税局

 お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実さんが設立した会社が、2018年までの7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを指摘されていたことがわかった。

 関係者によると、徳井さんは所属する吉本興業から支払われるテレビやラジオの出演料などを、徳井さんが個人で設立した東京・世田谷区の「株式会社チューリップ」を通して受け取っていた。

 しかし、2012年から2015年までの4年間で私的な旅行や洋服代などを会社の経費として計上していたことから、東京国税局は約2000万円の所得隠しを指摘。また、2016年から2018年までの3年間は会社の収入を申告しておらず、約1億円の申告漏れを指摘した。

 追徴税額は合わせて約3400万円にのぼるとみられ、徳井さんはすでに納税と修正申告を済ませている。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)
 


関連記事

おすすめ情報

AbemaTIMESの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る