9日に放送されたAbemaTV『NewsBAR橋下』「“橋下新党”女性議員結集スペシャル延長戦」で、橋下徹氏が「戸籍制度の廃止」を訴えた。

 橋下氏は「日本では特に戦後、“差別を無くそう”と言ってきた。しかし、自分の経験でもあるが、戸籍を辿り、“この人の先祖はどこで生まれたか”と追っていくことで、暗い差別の歴史も暴いてしまう。確かに昔に比べて差別は少なくなってきたが、あるのはある。その根源は戸籍に生まれた場所、出生地を記載していることにあると思う。“戸籍は出さないでおこう”とか、“見ちゃいけません”とか言うくらいなら無くしてしまえばいい」と提案。

 そして「社会人になって、出生地を書くことってある?あっても都道府県までで、番地まで書くことは無いはず。それなのに、この制度は連綿と続いてきた。今の戸籍は家族ごとに編纂されているが、今はマイナンバーカードがあるんだから、ここは個々人で全て管理すればいい。戸籍は法務省、マイナンバーは総務省が所管しているから、自治体の職員も含め、これにどれだけの人が携わっているか。戸籍制度があるから夫婦別姓も実現できない。でも、この話をすると“国籍を無くせと言うのか”とか、“売国奴”とかって猛反発を食らう。でも、そんなことを言ってくる奴は勉強が足りない。戸籍と国籍は別なんだから。本籍地は出生地とは別で、どこだっていいんだし、日本国籍については残せばいい。本籍地だって“日本”だけでもいいはずだ」と訴えた。

 橋下氏の話を受け、三浦瑠麗氏は「人の属性で全てが語れるわけはないのに、気に入らない主張に対してはすぐに“外国人だ”などと言う人が湧いて出てくる。そういう社会は狭量だし、だからこそ、国が差別になる根拠みたいなものを与えてはいけないと思う」とコメントしていた。(AbemaTV/『NewsBAR橋下 “橋下新党”女性議員結集スペシャル』より)