対戦型オンラインTCG「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse Pro League 19-20 2nd」の第14節(最終節)が1月12日に行われ、AXIZ、G×G、横浜F・マリノス、名古屋OJA ベビースターがそれぞれ勝利した。この結果、首位の横浜F・マリノス、2位のAXIZ、3位のG×Gがシーズンファイナル進出決定。名古屋OJA ベビースターとレバンガ☆SAPPOROが、タイブレークで4つ目の枠を争うことになった。結果は以下のとおり。

【試合結果】

第1ラウンド 福岡ソフトバンクホークス ゲーミング 0-4 AXIZ

第1試合 2Pick ●バーサ(ドラゴン) vs Rob(ロイヤル)○

第2試合 ローテーション ●NISE(エルフ) vs Rumoi(ネクロマンサー)○ 

第3試合 ローテーション ●カラクリ(ウィッチ) vs Gemo(ロイヤル)○

第4試合 ローテーション ●たばた(ドラゴン) vs Chino(ウィッチ)○

 第2試合のローテーションは福岡ソフトバンクホークス ゲーミングのNISEがエルフ、AXIZのRumoiがネクロマンサーの対戦となった。1ターン目、Rumoiが《百鬼夜行》で2枚カードを引く。また、3ターン目、《火車》で2枚カードを引き《酒呑童子》に備える。4ターン目、NISEが盤面を広げるが、Rumoiは《酒呑童子》を進化させ盤面を処理する。その後、攻めるRumoiに対してNISEは上手く盤面を処理し続けていくが、11ターン目、NISEは盤面にフォロワーを残さないように《大妖狐・ギンセツ》と《一ツ尾狐》3体、《禁絶の腕・ニコラ》を処理していくが、処理の兼ね合いで自分の盤面に《アクティブエルフ・メイ》が残ってしまったため、12ターン目、Rumoiが3枚の《プリンにしてやる》の効果で強化された《プリンゴースト・ミヤコ》と《禁絶の一撃》を使い、圧倒的爆発力でNISEの体力20点を削りきり勝利した。

第2ラウンド G×G 3-1 よしもとLibalent

第1試合 2Pick ○フォレスト(ウィッチ) vs keisuke3(ネメシス)●

第2試合 ローテーション ○ちゃみ(エルフ) vs Surre(ネクロマンサー)●

第3試合 ローテーション ○リグゼ(ネメシス) vs feg(ロイヤル)●

第4試合 ローテーション ●Riowh(ウィッチ) vs ソルト(ウィッチ)○

 第1試合の2PickはG×Gのフォレストがウィッチ、よしもとLibalentのkeisuke3がネメシスの対戦となった。フォレストは《カースエンチャンター》《老練の大魔術師・エラスムス》、そして《魔道具専門店》《魔神の使役者》を選び、スペルを活用して戦うデッキとなった。

 keisuke3は《アブソリュート・モデスト》と《エアリアルクラフト》、そして《アーティファクトリメイカー》、《アーマスター・カルラ》、《カイザーインサイト》を選びパワーのあるデッキとなった。

 序盤から盤面を取り合う展開が続く中、5ターン目、フォレストは《カースエンチャンター》に進化をきり盤面を広げる。keisuke3が《ブーストキッカー》で盤面を全処理するが、フォレストに《老練の大魔術師・エラスムス》で綺麗に返されてしまう。9ターン目、フォレストは《魔道具専門店》を出し盤面を制圧して勝利した。フォレストは試合後、負けられない初戦でのプレッシャーから涙を流し、チームを鼓舞した。

第3ラウンド au デトネーション 1-3 横浜F・マリノス

第1試合 2Pick ○cross7224(ネメシス) vs しーまん(ネメシス)●

第2試合 ローテーション ●ミル(エルフ) vs あぐのむ(ネクロマンサー)○

第3試合 ローテーション ●Enju(ウィッチ) vs 水煮(ウィッチ)○

第4試合 ローテーション ●Spicies(ドラゴン) vs みずせ(ネメシス)○

 第4試合のローテーションは、au デトネーションのSpiciesがドラゴン、横浜F・マリノスのみずせがネメシスの対戦となった。みずせは初手の引き直しで《重力の柔術士》を残し、2枚引き直して《ゴッドコロシアムマンモス》と《カイザーインサイト》をひく。一方、Spiciesは1枚引き直しで《竜の託宣》2枚と《荒野の案内人》を手に入れる。お互いに序盤はフォロワーをプレイし盤面を維持する。5ターン目、Spiciesは《呪われし影・ヴァイディ》をひくが盤面処理のために《雷鳴の軍神・フニカル》をエンハンスで進化させ2面処理する。5ターン目終了時に、みずせは《天界の門》をが直接召喚される。6ターン目、Spiciesは《呪われし影・ヴァイディ》を進化させ《影の侵食》を放つ。みずせの6ターン目、《天界の門》の効果により《カイザーインサイト》のコストが下がり、次7ターン目で《カイザーインサイト》を置くために盤面を維持する。7ターン目、Spiciesは《ナテラの大樹》を4枚回すが、みすせは《カイザーインサイト》をおきファンファーレで相手のリーダーに7ダメージを与え、Spiciesの体力を7まで削る。その後、Spiciesは潜伏している《カイザーインサイト》を処理することが出来ず、みずせの勝利となった。

第4ラウンド 名古屋OJA ベビースター 3-1 レバンガ☆SAPPORO

第1試合 2Pick ○さに(ロイヤル) vs 真春(ネメシス)●

第2試合 ローテーション ○隼人(ヴァンパイア) vs きょうま(ウィッチ)●

第3試合 ローテーション ●ぼーいん(エルフ) vs さわさき(ロイヤル)○

第4試合 ローテーション ○マサヤ(ウィッチ) vs Tatsuno(ネクロマンサー)●

 第4試合のローテーションは、名古屋OJA ベビースターのマサヤがウィッチ、レバンガ☆SAPPOROのTatsunoがネクロマンサーの対戦となった。お互いに《陰陽の開祖・クオン》や《大妖狐・ギンセツ》といったキーカードを序盤から手札に加える。5ターン目、Tatsunoは《大妖狐・ギンセツ》をアクセラレートでプレイして盤面に圧をかけつつマサヤの体力を11まで削る。しかし、マサヤはスペルブーストが上手く進み、5ターン目の時点で《陰陽の開祖・クオン》が5コスとなり、6ターン目に《陰陽の開祖・クオン》《真実の狂信者》を出し、Tatsunoの並べたフォロワーを処理しつつ体力を11まで削る、対してTatsunoは《酒呑童子》への進化、《雪女》で相手を攻撃不能にする対応をとるが、場に残った《真実の狂信者》と残った《陰陽の開祖・クオン》さらに、《真実の狂信者》を1枚プレイしTatsunoの体力を削りきりマサヤの勝利となった。

 この勝利を受けて名古屋OJA ベビースターとレバンガ☆SAPPOROのタイブレークが決定した。

 タイブレークは1月18日、シーズンセミファイナルは1月19日に開催。タイブレークは名古屋OJA ベビースターとレバンガ☆SAPPOROが対戦。シーズンセミファイナルの第1ラウンドは3位のG×Gとタイブレークの勝利チームが対戦。第2ラウンドは2位のAXIZと第1ラウンドの勝利チームが対戦。

◆RAGE Shadowverse PRO LEAGUE 5月から2月の期間で開催され、レギュラーシーズン2回、各レギュラーシーズンの上位チームで行われるシーズンファイナルに分かれる。リーグチャンピオンシップが各シーズンの優勝チームによって行われ、年間チャンピオンを決定する。RAGE Shadowverse Pro Leagueセカンドシーズンでは、1位に400万円、2位に200万円、3位に100万円と、総額700万円のインセンティブが授与される。
(AbemaTV/RAGE ShadowverseProLeague19-20 2ndシーズンより)