東京オリンピック・パラリンピックの開催をめぐって、安倍総理が24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と総理大臣公邸で電話会談を行った。大会組織委員会の森会長、東京都の小池都知事とともに会談に同席した橋本聖子五輪担当相は「中止ではなく、遅くとも2021年の夏を越えない範囲で延期する、世界がコロナウイルスに打ち勝つことの象徴として一致結束して努力していく、ということが総理とバッハ会長、森会長、小池都知事の同席のもと確認されたことは非常に前進した」とコメント。

 その上で「私も元アスリートとして、次の目処がついたことで選手たちは安堵されているのではないかと思う。ただ、次の課題がすぐに出てくるので、一つ一つの課題に対してしっかり寄り添っていく必要がある。関係者が不安にならないよう、しっかりしたきめ細かい対応をしていきたい」とした。(ANNニュース)