【AFP=時事】米ラッパーのスヌープドッグさんが12日、ヘリコプター墜落事故で先月亡くなった同国プロバスケットボールの元スター選手、コービー・ブライアント氏に関するインタビューをめぐり、脅迫するかのようにテレビキャスターのゲイル・キングさんにみだらな言葉を浴びせたことについて謝罪した。

 米CBSの朝の番組「CBS This Morning」で、キングさんが同国女子プロバスケットボール協会の元スター選手であるリサ・レスリー氏に対して、2003年に起きたブライアント氏のレイプ疑惑を蒸し返す質問をした後、スヌープドッグさんは自身のソーシャルメディアで長々と怒りをぶちまけた。

 しかし、その後インスタグラムに投稿した動画では、「正当化できない二つの誤りがある。自分が間違ったときは、それを正さなければならない」「言われている通り、ケイル・キングさん、自分は感情的になって軽蔑的な言葉を使い、あなたを公の場で中傷した。あなたが行った質問に腹を立てていた」と謝罪の言葉を口にすると、インタビューに対して「過剰反応」したと付け加えた。

「あれとは違う、もっと良い方法で振る舞うべきだった・・・。そこで、私が使った言葉と、あなたを名指しして侮辱したことを公式の場で謝罪したい」

 スヌープドッグさんは、友人であるブライアント氏を擁護する必要に駆られたといい、「たくさんの人々が、自分を尊敬して敬愛してくれている。だから、自分がしくじったときはいつでもそれを正し、はっきり自分が間違っていたと彼らに伝えたい」「申し訳ない。願わくば、二人でじっくり話したい。良い一日を」と語った。

 ブライアント氏は先月26日にカリフォルニア州でヘリコプター墜落事故に遭遇し、娘ジアナさんら8人とともに命を落とした。それ以降、同氏にかけられた2003年の性的暴行疑惑に関する発言は、ファンから怒りの反応を引き起こしている。

 キングさんの友人で超人気芸能人のオプラ・ウィンフリーさんによると、同キャスターはこのインタビューの後、複数の殺害予告を受け取っているという。 【翻訳編集】AFPBB News