【AFP=時事】男子ゴルフのチャド・キャンベル(米国)が、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性だったことが判明した。米国男子ゴルフツアーが再開から4週目に入る中、陽性の選手はこれで6人目となった。

 キャンベルは今週行われるロケット・モーゲージ・クラシックで補欠の1番手だったが、開幕前のスクリーニングの一環として検査を受けたところ陽性が判明し、ツアーが同選手の撤退を発表した。

 ツアー通算4勝のキャンベルは、新型ウイルスの影響による3か月の中断からの再開戦となった3週間前のチャールズ・シュワブ・チャレンジに出場し、予選落ちとなった後は大会に出ていなかった。今後は自主隔離に入り、健康面の許可が出るまではツアーに復帰できない。

 キャンベルはツアーを通じて「検査で陽性になったのは不安だが、非常にありがたいことに症状は出ておらず、体調も良い。自分の思いは、この感染症に直接、間接を問わず取り組む人たちとともにある」とコメントした。

 PGAツアーはさらに、今週行われる下部ツアーの大会前検査でも、3選手の陽性が判明したと発表している。 【翻訳編集】AFPBB News