マリー・アントワネットの宝飾品が競売へ スイス

マリー・アントワネットの宝飾品が競売へ スイス

【AFP=時事】フランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットがかつて所有し、これまで公開されていなかったダイヤモンドや真珠などの宝飾品が、スイスで競売に掛けられることになった。

 競売大手サザビーズによれば、ブルボン=パルマ家所有の品々100点以上が出品される競売は、11月12日にジュネーブで行われる。

 出品される宝飾品の一つ、天然真珠があしらわれたダイヤモンドのペンダントは、最高で200万ドル(約2億2000万円)の値が付くと予想されている。

 また天然真珠300粒以上でできたネックレスは最高30万ドル(約3300万円)、真珠のイヤリング1組は5万ドル(約550万円)と評価されている。

 競売にはこの他にも、オーストリア・ハンガリー帝国解体に至るまでの王族たちが所有し、その後ブルボン=パルマ家所有となった宝飾品も出品される予定。【翻訳編集】AFPBB News

関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索