JOC竹田会長、東京五輪招致めぐる贈賄容疑 仏が捜査

JOC竹田会長、東京五輪招致めぐる贈賄容疑 仏が捜査

【AFP=時事】(更新)フランスの司法筋は11日、2020年東京五輪招致に関わる贈賄の容疑で、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に対する正式捜査が行われていることを明らかにした。

 竹田氏に対する予審は昨年12月10日に開始され、2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会総会の投票前に200万ユーロ(約2億5000万円)を支払った疑いで予審判事が捜査を行っているという。

 これを受けて竹田会長は同日、パリでの事情聴取に協力したことは認めたものの、「贈賄といった不正には関与していないと説明した」と語り、容疑については否定した。

 2020年夏季五輪の開催地を決める投票は2013年に行われ、スペインのマドリードとトルコのイスタンブールを抑えて東京が招致を勝ち取った。

 IOCのトーマス・バッハ会長は先月、セネガルに対し、国際競技大会の中核における汚職を捜査している仏司法当局に協力するよう正式要請した。

 AFPは、バッハ会長が昨年11月16日付でセネガルのマッキ・サル大統領に送った書簡を入手。その中で同会長は、仏予審判事が「セネガルの法相に宛てた捜査に関する書簡2通に関連し、捜査実施の困難さを訴えている」と指摘していた。

 国際陸上競技連盟のラミーヌ・ディアック元会長の息子で、同連盟の元マーケティング顧問のパパ・マッサタ・ディアック氏に、数百万ユーロの賄賂を受け取った疑いが持たれているという。

 この賄賂はスポンサー契約のためか、あるいは2016年と20年の五輪開催地にブラジルのリオデジャネイロと東京がそれぞれ選出されるよう便宜を図ったことに関連しているとみられている。

 マッサタ・ディアック氏は2015年12月以降、国際刑事警察機構(インターポール、Interpol)の最重要指名手配リストにその名が記載されているが、セネガル政府はフランスへの引き渡しを拒否している。 【翻訳編集】AFPBB News


関連ニュースをもっと見る

関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索