【AFP=時事】インド南部の港湾都市コチで先週末、水辺に建設された高級高層マンション4棟が環境規制に違反しているとして、住民らの見守る中で爆破解体された。地元ケララ州当局は違法建築の取り締まりに力を入れており、異例の厳格な措置が取られた。

 爆破解体されたのは、いずれも富裕層が住む市内マラドゥ地区に建てられた豪華な高層マンションで、計343世帯が入居していた。

 まず、地元名所の水郷地帯が見渡せる19階建ての複合ビルが11日に爆破され、計90戸がものの数秒でがれきと化した。数分後、耳をつんざくごう音とともに、ツインタワーを擁する高層マンションも崩れ落ちた。翌12日にはさらに2棟が爆破された。

 インドは近年建設ブームに沸いているが、安全性をはじめとする各種規制を開発業者が無視することが多く、地元当局も黙認しがちだ。民間建設業者によるマラドゥ地区への高層マンション建設は、地元自治体が2006年に許可した。だが昨年、インド最高裁は、業者が環境的に影響を受けやすい沿岸地域での建築規制に違反したと認定し、環境の「巨大な損失」だと非難した。

 業者を信用して富裕層向け高層マンションを購入した住民らは、損害を取り戻すべく、これから長期にわたる賠償請求裁判と向き合うこととなる。中には、老後の蓄えをつぎ込んでしまった住民もいる。

 爆破解体されたマンションの一室を14万5000ドル(約1600万円)で購入した男性は、「自分たちの夢が目の前で粉々になるのがあまりにつらくて」妻と子どもたちは解体の様子を見に来なかったとAFPに語った。

 ケララ州は、アラビア海と並行して潟湖(ラグーン)や湖が広がる景観で有名だが、環境破壊に弱い地域でもある。2018年には過去およそ100年間で最悪といわれる洪水で400人以上が死亡した。この惨事について専門家は、沿岸部の建設計画に対する規制を軽視して住宅やホテル、リゾート地開発に熱中した地元自治体の責任を指摘している。 【翻訳編集】AFPBB News