【AFP=時事】ティラノサウルス・レックス(T・レックス)の遠縁にあたる肉食竜が新たに発見された。この新種の恐竜は、約9000万年前に生息していたという。

 この獣脚類の化石は2018年2月、アルゼンチン中部パタゴニア地域のリオネグロ州で見つかった。

 アルゼンチンのラ・マタンサ国立大学は13日、この恐竜を「トラルカサウルス・クイ」と命名したことを明らかにした。パタゴニアの先住民族マプチェの言葉で「雷の爬虫(はちゅう)類」という意味を持つ言葉と、化石の発見場所であるエルクイにちなんだとされる。

 見つかったトラルカサウルスは体長4メートルと推定され、14メートルまで成長するティラノサウルスに比べると小柄だ。アルゼンチン自然科学博物館のフェデリコ・アグノリン博士は、「トラルカサウルスの体は、同じグループのアベリサウルス科の肉食恐竜に比べて小さい」と指摘する。アベリサウルス科の恐竜は通常、体長7〜11メートルある。

 研究チームは、頭蓋骨、歯、あばら骨、臀部(でんぶ)と尾の一部の化石を発見した。

 トラルカサウルスはティラノサウルスと同様に首が短く、後ろ脚で二足歩行をし、前脚は体の他の部分に比べると非常に短かった。また四肢の骨は軽く、内部は空洞だった。

 今回トラルカサウルスを発見した研究チームは、周辺で草食恐竜イグアノドンの化石も発見しており、トラルカサウルスが小型の草食恐竜を食べていたことが考えられるとしている。 【翻訳編集】AFPBB News