【AFP=時事】ドイツでは、新型コロナウイルス検査の実施数を増やし、現在では週に50万件実施していると、ウイルス学者が26日、明らかにした。検査の強化が、同国で新型ウイルスによる死者数が比較的少ない要因の一つという見方を示している。

 首都ベルリンにあるシャリテ大学病院のウイルス学研究所のクリスチャン・ドロステン所長は、「ドイツで感染者に比して死者がここまで少ないのは、診断検査を非常に大規模に実施している事実によって説明し得る」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB News