【AFP=時事】(更新)米ジョンズ・ホプキンス大学と米紙ニューヨーク・タイムズは26日、独自集計の結果として、米国で新型コロナウイルス感染が確認された人の数が世界最多となったと明らかにした。

 米国の感染者は、流行の中心地となっている中国とイタリアを超え、ジョンズ・ホプキンス大学によると、8万2404人、ニューヨーク・タイムズによると、8万1321人になった。

 AFPの集計では、確認された感染者の数はイタリアが8万539人、中国が8万1285人となっている。

 ジョンズ・ホプキンス大学によると、米国内の新型ウイルスによる死者は、少なくとも1178人。 【翻訳編集】AFPBB News