【AFP=時事】新型コロナウイルスの影響で結婚の予定に狂いが生じた人は多いが、一国の首相も例外ではないようだ──。来月17・18日にベルギー・ブリュッセルで開かれることになった欧州連合首脳会議と日程が重なったため、デンマークのメッテ・フレデリクセン首相が自身の結婚式を延期したと明らかにした。フレデリクセン首相の結婚式が延期されるのはこれで3度目だという。

 フレデリクセン氏はフェイスブックに婚約者のボ・テンベルクさんとの写真を掲載し、「この素晴らしい男性との結婚を本当に心待ちにしている」「ただ、そう簡単に物事が進むはずはなく、結婚式とちょうど同じ日にブリュッセルで会議が開かれる」と投稿。

 また「役割を果たし、デンマークの国益を守らなければならず、予定を再び変更しなければならない」と書き込んだ。

 さらに、フレデリクセン氏は婚約者について「幸いなことにとても忍耐強い人」だと評し、「近いうちに私たちは結婚できるはず。彼に『はい』というのを楽しみにしている」と述べた。 【翻訳編集】AFPBB News