【AFP=時事】ドイツ当局は29日、同国西部ベルギッシュグラートバハ地方の小児性愛者ネットワークをめぐる大規模な捜査で、容疑者約3万人を捜査対象としていることを明らかにした。

 同国最大の人口を抱えるノルトライン・ウェストファーレン州法務省は、同州のサイバー犯罪班「ZAC NRW」が、今回の件で「未特定の容疑者3万人を捜査している」とツイッターに投稿。「われわれは、児童虐待の加害者らと加担者らをインターネットの匿名性から引きずり出すことを望んでいる」と述べた。

 ZAC NRWの発表によると捜査対象者には、「フィクションもしくは本物の虐待行為」を含む「子どもや若者のポルノコンテンツ」を共有した容疑がかけられている。

 一連の捜査は昨年10月、ケルン近郊のベルギッシュグラートバハで加害者の一人とみられる容疑者が逮捕されたことに伴って開始。

 これまでにドイツ各地で、70人超の容疑者が特定されている。 【翻訳編集】AFPBB News