【AFP=時事】イラン検察当局は29日、今年1月に同国精鋭部隊の司令官が米軍の無人機攻撃で殺害されたことを受け、国際刑事警察機構(インターポール)に対して米国のドナルド・トランプ大統領ら当局者36人の国際手配を要請したと明らかにした。

 イラクで1月に実施された攻撃では、イラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官が殺害された。

 イランの首都テヘランの検察官は国営イラン通信に対し、司令官の「暗殺に関与した」として、トランプ氏を含む36人の米政府関係者・米軍当局者が「捜査され、インターポールを通じた逮捕が命じられた」と説明した。

 検察官は、36人には殺人とテロ行為の疑いがかけられていると言明。イラン司法当局の公式ニュースサイト「ミザン・オンライン」で、「イラン司法当局は36人に対し逮捕状を出した」と明らかにしている。

 検察官はまた、ICPOに対し「赤手配書」の発行を要請。この手配書は逮捕状ではないが、起訴や判決宣告のために国際指名手配された人物に対して発行される。

 だがICPOはAFPの取材に対し、同機構の憲章第3条では「政治的・軍事的・宗教的・人種的性格を帯びたいかなる介入や活動を行うことも厳しく禁じられている」と指摘。「インターポールはこうした要請は検討しない」と明言した。 【翻訳編集】AFPBB News