【AFP=時事】カナダ・モントリオールを拠点に活動するエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」は29日、破産手続きを申請し、3000人余りを解雇すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で全公演の中止を余儀なくされ、収入が途絶えていた。

 シルク・ドゥ・ソレイユによると、ケベック州の裁判所に破産手続きを申請し、30日に審理される。申請が認められれば、米国でも破産手続きを申請する予定だという。

 1984年に設立され、世界300余りの都市で公演を行ってきたシルク・ドゥ・ソレイユは、レイオフ(一時解雇)していた従業員3480人を直ちに解雇する。

 シルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテインメント・グループのダニエル・ラマール最高経営責任者は、「シルク・ドゥ・ソレイユは過去36年間、大きな成功を収めた有益な団体だった。しかし、新型コロナウイルス感染症によりすべての公演を中止せざるを得なくなり、以降、収入が途絶えたため、経営陣は会社の将来を守るために断固とした行動を取るほかなかった」と説明した。 【翻訳編集】AFPBB News