【AFP=時事】映画『オーシャンズ11』などへの出演で知られ、米テレビ界最高の栄誉とされるエミー賞を9回受賞した俳優カール・ライナーさんが6月29日、カリフォルニア州ビバリーヒルズの自宅で老衰により死去した。98歳だった。

 米ニューヨーク・ブロンクス出身のライナーさんは、脚本家、俳優、監督、プロデューサーとして多彩な才能を発揮し、1990年代以降も映画界で精力的に活動した。制作に関わった60年代のテレビコメディーシリーズ「ディック・バン・ダイク・ショー」では、自身も短気なコメディアン役で出演。ライナーさんは同シリーズでエミー賞を5回受賞した。

 1995年には、テレビ脚本の功績を評価されて全米脚本家組合の特別功労賞を受賞。2000年にはコメディー界で最高の栄誉とされるマーク・トウェイン賞を受賞した。 【翻訳編集】AFPBB News