【AFP=時事】イタリア警察は1日、シリアのイスラム過激派組織「イスラム国」が製造した覚せい剤のアンフェタミン14トンを押収したと発表した。一度に押収したアンフェタミンの量としては世界最多だという。

 警察によると、押収したのは「カプタゴン」と呼ばれる錠剤8400万錠で、末端価格で約10億ユーロ(約1200億円)相当。1件の捜査で押収された「アンフェタミンの量としては世界最多」だという。

 発表によると「ISは主にシリア産の薬物の密売でテロ活動の資金を調達していることが分かっており、シリアは過去数年間で世界最大のアンフェタミン製造国になっている」という。

 アンフェタミンは、ナポリ南方のサレルノ港で発見されたコンテナ3台に隠されていた。

 警察によると、「カプタゴン」はもともと医療目的で使用されていたが、違法に製造されたものが戦闘中のIS戦闘員に広く服用されたことから「ジハード(聖戦)・ドラッグ」と呼ばれているという。 【翻訳編集】AFPBB News