地滑り警戒し再び避難 上富田町岩田

 地滑りの恐れがある和歌山県上富田町岩田の立平地区では7日午前、台風5号による大雨を警戒し、自宅に一時帰宅していた避難指示対象者が再び親類宅などに避難した。

 町は午前8時に対策会議を開き、対象住民(11世帯27人)に自宅を出て避難してもらうよう呼び掛けた。現場付近も立ち入り禁止にしている。

 町総務政策課は「避難対象者の帰宅は安全を確認した上で判断したい」と話している。

 立平地区の斜面では地滑りの恐れがあり、県がこのほど地盤の水を抜くための応急工事を完了させた。いまのところ亀裂の動きはないが、台風の大雨の影響で再び亀裂が広がる恐れがあるという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索