放課後に楽しく英会話 串本町で小中学生のクラブ

放課後に楽しく英会話 串本町で小中学生のクラブ

 和歌山県の串本町教育委員会主催の初めての放課後英会話クラブが12日から、同町串本の町文化センターで始まった。町内の小学生42人と中学生15人が、外国人講師3人の指導で月1回、ゲームなどをしながら楽しく学んでいく。

 英語の発音や基本的な表現に慣れ親しむことや、英語にたくさん触れてコミュニケーションの楽しさを味わい、積極性を育むことなどを目的に開催する。講師は、アメリカ人で町教育委員会所属の外国語指導助手、トラク・ホさん(33)とデイビッド・フィレモンさん(22)、トルコ人で町地域おこし協力隊のアイシェギュル・アルカンさん(27)の3人。歌やダンス、読み聞かせ、ゲーム、劇、グループワークなどを通して教える。

 町内全9小学校と5中学校の児童生徒を対象に募集し、小学校中学年30人、高学年12人、中学生15人が参加を希望した。小学校中学年は人数が多いことから、3年生と4年生に分かれて授業をするため、全部で4クラスとなる。授業は火曜を中心に各クラス月1回開催し、来年3月まで。時間は小学生が1回45分、中学生は50分に設定している。

 12日は3、4年生が合同で授業を受け、ホさんとフィレモンさんが講師を務めた。名前と年齢、自分が好きな物や事を言う自己紹介の仕方について手本を見せ、児童もまねして発音し、2人一組で練習した。2チームに分かれ、講師と英語でじゃんけんをし、勝つと自己紹介ができるゲームでは、どちらのチームが先に終えるかを競った。大きい、小さい、軽い、重いの英単語の発音に合わせ、ジェスチャーで表現するゲームなどもして、盛り上がった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索