フェアトレード店を紹介 田辺市内の30店をマップに

フェアトレード店を紹介 田辺市内の30店をマップに

 暮らしと世界の関わりを考える和歌山県田辺市の住民団体「ハナソラ」(笠松美奈代表)が、公正な取引で途上国から仕入れた商品を扱うフェアトレード店などを紹介した「世界を変えるお買い物マップ」を作った。市内30店を掲載している。

 フェアトレードとは、途上国の原料や製品を適正価格で継続的に仕入れ、現地の生産者の生活改善を支援する取り組み。マップでは国際協力以外にも、地域の手作り品や地産地消の料理を提供する店、障害者らの就労支援を目的とした事業所などを紹介している。

 ハナソラはフェアトレードの普及に努めており、身近な店から興味を持ってもらおうと、マップを企画した。表は水彩色鉛筆で描かれたカラフルな地図とイラスト、裏面では店の情報を写真付きで掲載している。

 マップはA3サイズ。掲載店や田辺市立図書館、紀南文化会館などで配布している。問い合わせは笠松代表(090・6067・5973)へ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索