和歌山県白浜町のITビジネスオフィス「アンカー」に、新たに2社が進出することになった。県と町が19日、発表した。
 2社は、人工知能によるデータ解析サービスを産業、医療の分野に提供する「ハカルス」(京都市)と、不動産業界向けに情報通信技術を用いるサービスを提供する「スマサポ」(東京都中央区)。
 ハカルスはソフトウエア開発などを2月から、スマサポは問い合わせ対応業務を5月から、それぞれ始めるという。向こう3年で、両社で計23人を雇う予定。
 仁坂吉伸知事は19日の会見で「新型コロナがあって投資をするのが大変な中、良かったと思う。東京(などの都市部)に皆が集まっていたら、新型コロナの影響で、事業を円滑に進めるには少しリスクがあるので、別のオフィスをつくるという流れになっていくはず。一方で、全体的に調子が悪い中で、先を見て選んでいただいたのはありがたい」と話した。
 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言が11都府県に発令されていることを踏まえ、調印式は開かない。仁坂知事と白浜町の井澗誠町長は、それぞれの企業との進出協定書に持ち回りで調印する。
 アンカーは、不動産事業を手掛ける「オーエス」(大阪市)が運営しており、昨年11月にオープンした。企業に貸せる部屋は7室あり、今回の2社とは別に、既に2社が入居している。
 白浜町にはアンカー以外に、町営のITオフィスが二つある。町によると、湯崎地区の海が望める高台にある第1オフィスに5社、平草原公園にある第2オフィスには4社が入居している。