防潮護岸60メートル倒壊 印南町で台風19号被害

防潮護岸60メートル倒壊 印南町で台風19号被害

 和歌山県は15日、印南町と串本町で台風19号による新たな被害が見つかったと発表した。
 印南町島田の防潮護岸(高さ約6メートル、長さ約800メートル)は60メートルにわたって倒壊した。護岸は1976年の建設という。
 串本町串本の須賀漁港では、コンクリート製の防波堤の一部が約5メートルにわたって横倒しになった。建設年は不明だが、少なくとも50年近く前に建てられたものだという。
 いずれも高波の影響とみられる。台風19号による被害はこれまで紀伊半島の東側に多かったが、今回は西側。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

あわせて読む

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る