白浜空港にずらり3機 8年ぶりに並ぶ

白浜空港にずらり3機 8年ぶりに並ぶ

 和歌山県白浜町の南紀白浜空港で23日、駐機場に飛行機が3機並んだ。運営会社「南紀白浜エアポート」によると、8年ぶりの珍しい光景という。
 白浜空港では15日から、海外からのプライベートジェット機が駐機。これに23日午前、新潟空港から飛来した航空会社「フジドリームエアラインズ(FDA)」(静岡市)のチャーター便1機が加わり、正午前には羽田(東京)とを結ぶ日本航空の定期便が到着。3機が並んだ。日航機はその後折り返して羽田へ飛び立ったため、30分ほどの「共演」となった。
 エアポート社によると、白浜空港の駐機場に3機が並んだのは2011年5月以来。この時は天皇、皇后両陛下(いまの上皇ご夫妻)が全国植樹祭に出席されるための特別機と予備機が飛来。この2機と日航の定期便が並ぶ時間があったという。
 予定では、3機が並ぶ光景は28日の正午ごろにも見られそう。この日も駐機しているプライベートジェット機、午前に新潟から来るFDA機と、日航の定期便がそろう。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

あわせて読む

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る