和歌山県白浜町のタクシー会社「白浜第一交通」は、タクシーを利用する人がスマートフォンのアプリで配車予約できるサービスを導入した。乗客と会社側の双方にとって効率が良くなるという。同社は「観光客や地元客に利用が広がれば」と期待している。15日から利用できる。
 導入したのは、ソフトバンクと中国企業の合弁会社「DiDiモビリティジャパン」(東京都)の配車アプリ「DiDi(ディディ)」。日本や中国などで計5億人超が利用しているという。
 利用者がアプリを起動して目的地を入力すると、位置情報とともに3・5キロ以内の最も近い場所にいるタクシーに直接、配車の予約が届く。予約が完了すると、タクシーの車種や色、ナンバーなどとともに到着予測時間の情報も利用者に届く。アプリ内には決済システムもあり、これを使えばキャッスレス決済が可能になる。
 一方、タクシーには専用のタブレット端末を搭載。予約した人の位置情報やルートが表示される。白浜第一交通では、白浜、田辺両営業所の計74台すべてのタクシーに端末を導入している。
 白浜第一交通の担当者は「京阪神地方では、このアプリによる配車予約が多い。その地方からの観光客も多い白浜や田辺でも一定のニーズはあると判断した」と期待している。
 DiDiモビリティジャパンでは、2018年9月に日本国内でサービス提供を開始。これまでに大阪や東京、北海道などで展開しており、都道府県別で和歌山は22例目になる。白浜第一交通を含め県内7社のタクシーが導入し、15日以降、配車可能になった。