近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」の販売をホームページで始めた。
 近大の研究成果としてブランド化している養殖魚で、アーマリン近大が白浜事業所で養殖している。
 おさかな茶漬けは冷凍商品。大きめの茶碗に温かいご飯を入れ、解凍した具の袋を開けて中身をのせ、その上から熱い湯をかければ完成する。「大きな切り身が入った贅沢な茶漬けを簡単に召し上がりいただけます」という。
 1箱当たり、マダイ茶漬け2袋、シマアジ茶漬け2袋、クエ茶漬け1袋の合計5袋入って4320円(税込み)で別途送料1130円(同)となる。アーマリン近大のホームページから購入できる。
 問い合わせはアーマリン近大(0739・42・4116)へ。