和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは13日、「みさき公園」(大阪府岬町)が3月末で閉園することに伴い、飼育されている動物を譲り受けると発表した。来年3月末までに移転先の決まらなかった動物は、アドベンチャーワールドで暮らすという。
 昨年夏に公園を運営する南海電気鉄道(大阪市)から打診があり、協議を開始。アドベンチャーワールドは「動物の未来についてもできる限り力になりたい」と受け入れを決めた。どのくらいの種類を受け入れるかは未定。
 南海電鉄によると、みさき公園には哺乳類、鳥類、爬虫(はちゅう)類の約70種450匹が暮らす。移転先については、日本動物園水族館協会に加盟する施設を中心に協議中という。