和歌山県白浜町の平草原公園でユキヤナギの花が見頃を迎え、遊歩道沿いを雪のように白く染めている。
 川岸の岩場などに生えるほか、庭や公園によく植えられているバラ科の落葉低木。高さ1〜1・5メートルになる。
 公園管理事務所によると、園内には約千本のユキヤナギがある。特に事務所から300メートルほど行った遊歩道沿いに多く植わっており、50メートル近くにわたって垂れた枝に1センチほどの大きさの白い花を無数につけている。
 印南町印南から夫と訪れていた清水倫子さん(66)は「目当てのサクラには早かったが、ユキヤナギの美しい花を見ることができて良かった」と話していた。