新型コロナウイルス感染症の対策として、中国の駐日大使館と遼寧省大連市政府から21日、和歌山県にマスクや防護服などが寄贈された。贈呈式に出席した日中の両関係者は、ともに隣国の友情を強調し、今後も日中関係を発展させ、困難があった場合は互いに支援し合うことを確認した。
 駐日大使館からは消毒用スプレー6360本、大連市政府からはマスク3万4千枚、防護服2500着、医療用手袋2万枚が贈られた。県選出の二階俊博衆院議員が、長く大連市の名誉市民である縁によるといい、県は不足する医療機関に配布するとしている。
 贈呈式は県庁であり、駐日大使館を代表して中国駐大阪総領事館(大阪府)の何振良総領事が仁坂吉伸知事に、大連市政府を代表して大連金普新区日本駐在事務所(東京都)の王新首席代表・所長が県議会の岸本健議長に、資材入り段ボールを手渡した。
 何総領事は「世界中で最も早く支援の手を差し伸べてくれたのは日本で、中国の人々は感銘している。助け合いによって両国の友好関係を確認し、両国民の絆も確固たるものになると信じている。いざ、何かあったときは、中国として日本に負けないように駆け付けたい」。王首席代表は共産党大連市委員会の譚作鈞書記からのメッセージとして「大連でもマスクや防護服などが足りなくなり、パニックになった。日本各地から大量の医療物資の支援を受け、助けられた。和歌山県でも感染者が確認されたと聞き、恩返しとして力になりたい」と伝えた。