和歌山県紀南の山中で、チゴユリ(稚児百合、イヌサフラン科)が群生し、白色の花を咲かせている。
 林内の日陰に生える多年草。茎の高さは15センチほどになる。葉は細長い楕円(だえん)形をしている。4〜6月、茎の先端に、直径1・5センチ前後の花を下向きにつける。
 和名は「小さくてかわいらしいユリ」に由来しているという。