和歌山県上富田町は、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている町内の事業者を支援するため、「かみとんだ地域元気商品券支給事業」として、町民に3千円分の商品券を支給し、飲食店や小売店などで利用してもらう。支給日は6月1〜12日の予定。
 商品券は、町商工会が発行する「上富田町商工会会員共通商品券」で、加盟数は355事業者。使用期間は6月1日〜11月30日の半年間。
 支給の対象者は、4月27日現在、町住民基本台帳に記録されている町民1万5591人で、簡易書留で送付する。商品券が利用できる事業所の一覧表も付ける。
 予算額は郵送代も含め計5200万円。町の単独事業。
 奥田誠町長は「町内での消費を喚起することで事業者を支援したい。同時に町民の生活支援にもつながればと思う」と話している。

 国の現金10万円一律給付の時期について町は、早ければ5月下旬としている。
 15日に開会を予定している臨時議会後に町内各戸に申請書を送付する。それに必要事項を記入し申し込んでもらえれば、金融機関の口座に振り込む。オンラインでの申請(マイナンバーカード所持者)も受け付け、この場合だと給付が早くなる。申込期限は3カ月。
 予算額は事務費も含め計15億8100万円で、すべて国の補助。