身が大きくて味濃厚 イワガキ2千個販売へ

身が大きくて味濃厚 イワガキ2千個販売へ

 和歌山県田辺市の新庄漁協(橘智史組合長)は、マガキの4、5倍ほどの大きさがあるイワガキの販売を27日から始める。8月中旬ごろまで約2千個を販売する予定。
 販売は3Lサイズ(400グラム以上)のみで1個300円。水揚げされたイワガキはくっついて大きな塊になっており、組合員が丁寧にばらして掃除する。紫外線の滅菌装置に入れるため、2日前までに予約が必要。
 マガキは稚貝から1年半で販売できるがイワガキは2年半以上かかる。今回販売するのは秋田県産の稚貝を使い、3、4年育てたもの。
 橘組合長は「身入りはまずまず。”海のチーズ”とも呼ばれる濃厚なイワガキを一度食べてみて」と話している。
 問い合わせは、新庄漁協鳥ノ巣養殖場(0739・24・2761)へ。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索