和歌山県内の新型コロナウイルスの新たな感染者は5月1日以降、確認されていない。入院患者数は4月に入って増加傾向にあったが、最近は減少している。
 県は4月以降、ほぼ毎日、新たな感染者を確認していたが、4月30日を最後に、5月7日まで7日連続で発表されていない。
 入院患者数は4月1日は3人だったが、新規感染者が相次いだことで28日には29人まで増加。その後、減少に転じ、5月7日時点では16人になっている。
 県内の6日までのPCR検査数は3283人。62人(うち2人死亡)の陽性、3221人の陰性を確認している。