JR西日本和歌山支社は6月30日、南部駅で、停車した特急列車のドアが開かず、乗客が降りられなかった事案があったと発表した。
 支社によると、29日午後3時25分ごろ、南部駅で特急列車のドアが開かず、その後発車したため、降車する予定だった乗客3人が降りられなかった。車掌はドアを開くための一連の操作をしたが、専用の鍵が回りきらず、ドアを開くスイッチが機能しなかったためという。
 乗客は次に停車した紀伊田辺駅で降車。支社はタクシーを手配したが、乗客3人は、それぞれ家族が田辺駅まで迎えに来たという。