和歌山県の南紀串本観光協会(島野利之会長)は13日、串本町くじの川の橋杭海水浴場と同町田原の田原海水浴場で18日の海開きに向けた準備をした。協会関係者や町職員計16人が、遊泳区域を示すブイの設置や清掃に取り組んだ。海岸清掃用に本年度購入した四輪駆動バギーとビーチクリーナーも納車された。
 両海水浴場は、新型コロナウイルス感染拡大予防の観点から、今シーズンの開設を見送ることも検討したが、新型コロナ対策を徹底してオープンすることにした。海上遊具を設置せず、駐車場は利用制限を設ける。
 島野会長(53)は「今シーズンはコロナの影響で開設が無理かと思っていたので、海開きができることにほっとしている。新型コロナ対策を徹底して、串本に遊びに来てくれた人に、この夏を楽しんでもらいたい」と話した。 
 両海水浴場の開設期間は8月31日まで。橋杭は午前9時〜午後5時、田原は午前10時〜午後5時に監視員を配置する。
 町によると、昨シーズンの海水浴場開設期間中(6月30日〜8月31日)の利用客は、台風などで休日に雨が多かった影響で、橋杭が前シーズンより3317人少ない8439人、田原が前シーズンより635人少ない1598人だった。