和歌山県田辺市湊9の味光路に、赤身専門焼き肉と肉料理の店「あかみ屋」がオープンした。焼き肉と肉料理のハイブリッドという新しいタイプの焼肉店で、おもてなしを重視したいという。

 坂本正オーナーは「充実した食事の時間を楽しんでもらいたい」と話す。食事はもちろん、座席やテーブル、店内の空間には、できる限りの心遣いを尽くしたという。
 肉にはこだわりがある。和牛の雌、しかも4等級しか扱っていない。
 おいしく食べてもらうため、切り置きはしていない。注文を受けてから切る。カウンター席からは肉を切る作業がよく見える。
 赤身の希少部位はランプ(もも肉)、イチボ(同)、ミスジ(腕)、トウガラシ(同)など。ステーキはランプ、ヒレ、サーロイン、シャトーブリアンなど。
 料理は、こだわりの一品を用意している。季節や日によって違うが、タンシチューや牛トロオムレツ、シーフードアヒージョ、フルーツトマトのカプレーゼ、本日の一口パスタなど。デザートも手作りしている。
 料理はメニューになくても、できる限り対応するという。アルコールは各種取りそろえている。
 全部で24席。カウンター席、掘りごたつ席、テーブル席がある。
 営業時間は午後6時〜11時(ラストオーダー午後10時半)。不定休。電話0739・34・2029。