絶滅危惧種のユウスゲ(ススキノキ科)が、和歌山県紀南地方沿岸の岩場や道路沿いで鮮やかなレモン色の花を咲かせている。花は一夜限りで、かすかな香りを辺りに漂わせている。
 ユウスゲは7〜8月、高さ1メートル以上の花茎に長さ約10センチの花を咲かせる。日が暮れかかる頃に開いて翌日の午前中にしぼんでしまう。
 県内では紀南地方を中心に点在し、県のレッドデータブックで絶滅危惧1B類に分類されている。