和歌山県みなべ町内の店で飲食したり、土産物を購入したりしてスタンプを集めて応募すると、抽選で宿泊券や特産品が当たるみなべ観光協会の「みなべスタンプラリー」が始まった。期間は来年3月7日まで。応募締め切りは3月15日。
 スタンプが押せる協賛店は38の店や熊野古道の王子、神社、観光施設。景品はA賞がスタンプ7個以上で温泉ペア宿泊券(6組12人)、B賞がスタンプ3個以上で町特産品3千円相当(30人)をいずれも抽選でプレゼントする。
 スタンプを押す欄は宿泊、温泉、観光、土産、食事のカテゴリーに分けており、同一施設でも体験と土産の購入があった場合は、体験と土産それぞれ押印できる。1度の店舗利用でスタンプ押印は1人1回まで。
 協賛店に応募はがきや応募箱を設置している。当選発表は商品発送をもって代える。
 問い合わせは、みなべ観光協会(0739・74・8787)へ。協会のホームページでも紹介している。