和歌山県田辺市中辺路町の熊野古道で、県のレッドデータブックで準絶滅危惧に分類されているチャボホトトギスが、地面に接するように黄色い花を咲かせている。
 本州(東海、近畿)や四国、九州の山地の林下に生えるユリ科の多年草。花は直径3センチほど。名前の由来は全体が小型で寸詰まりの点をチャボに例えたもので、ホトトギスは花被片の斑点を鳥のホトトギスの胸にある斑点になぞらえたとされる。
 中辺路町内の熊野古道では、十丈王子の近くなどで見ることができる。