和歌山県紀南地方の土手や道路沿いで、秋の訪れを告げるツルボ(クサスギカズラ科)が薄紫色の花を咲かせている。
 日当たりの良い場所に生える多年草。夏から秋にかけて20〜40センチの茎の先に穂状の花を多くつけ、下から順番に咲いていく。
 田辺市秋津町の右会津川沿いでは、秋風とともに花が揺れ、周りに蜜を求めたハチやチョウなどが飛び回っている。