和歌山県田辺市中辺路町の熊野古道沿いで、アケボノソウ(曙草)がかわいらしい花を咲かせ始めた。
 山野の湿り気のある所に生えるリンドウ科の二年草で、北海道から九州に分布。茎は直立して50〜80センチになり、秋に直径2センチほどの花を咲かせる。名前は、花冠の斑点を夜明けの星空に見立てたのが由来とされる。
 中辺路町では、熊野古道の小広王子と熊瀬川王子の間にある公衆トイレの近くなどで見ることができる。