和歌山県みなべ町内の飲食店や商店などを利用してスタンプを集めると、宿泊券や現金、景品などが当たる「みなべのやにこいスタンプラリー」(みなべ町商工会青年部主催)の第2弾が11月1日から始まる。スタンプ押印は来年1月8日まで。新型コロナウイルスで落ち込んだ地域経済を盛り上げる目的で、6〜9月の第1弾に続く実施。
 第1弾では3回の抽選の応募が延べ約3万人あり、新たな店の利用や客の開拓につながるなど好評で継続を望む声があった。今回、クリスマスや歳暮、年末の商戦時期に合わせて第2弾を実施することにした。参加店舗は随時受け付け中で27日現在、107店と前回の90店から増えている。飲食、電器、生花、菓子、薬局、理容、食料品などさまざまな業種が参加している。
 計2回の抽選があり、当選者はそれぞれ200人以上。ホテル&リゾーツ和歌山みなべ1泊2食付きペアチケット、国民宿舎紀州路みなべ1泊2食付きペアチケット、ウイルス除去機能付き空気清浄機、現金5万円、1万円、町内事業者の景品などが当たる。
 参加店で購入金額に応じてスタンプを押印。1店舗で1枚ごとに最大4スタンプ分(2千円分)まで押印できる。2店舗以上で計2500円分のスタンプを集めると応募が可能。1人何回でも応募できる。前回の台紙は使えない。
 1回目(11月1〜30日)、2回目(12月1日〜1月8日)に分けて実施し、各回締め切り後に抽選する。抽選結果は発送をもって代える。現金の当選者には別に案内する。参加店を載せた応募用紙は、町商工会や参加店に置いており、スタンプを集めて必要事項を記入し、町商工会(郵便番号645―0002 みなべ町芝503)まで持参するか、送付する。参加店に渡してもよい。
 青年部の楠谷和弘部長(40)は「まだまだコロナによる経済低迷は続いており、皆さんの力が町を活気づけると思うので、飲食や買い物など楽しんで参加していただければうれしい。前回同様、多くの人に当選していただけるように企画している」と話す。
 問い合わせは、町商工会青年部(0739・72・3225)へ。みなべのやにこいスタンプラリーのホームページ(http://yanikoi−minabe.com)でも参加店や内容を紹介する。