和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、ジャイアントパンダの雌「良浜(らうひん)」(20歳)が午前11時50分に雄の赤ちゃん1頭を出産したと発表した。赤ちゃんは体重157グラム、全長20・5センチ。施設でのパンダ誕生は2018年8月以来で、17頭目になる。母子ともに健康状態は良好という。
 施設は6月、良浜と雄の「永明(えいめい)」(28歳)との交尾を確認していた。良浜には10月下旬以降、食欲が落ちるなど妊娠の兆候が見られたため、施設は公開を休止して出産に備えていた。新型コロナウイルスの感染防止にも気を配り、担当者を2チームに分けてそれぞれが接触しないようにしていた。
 良浜は00年9月6日生まれ。今回の出産を除き、永明との間で08年9月〜18年8月に6回の出産を施設で経験し、計9頭を育てた。