和歌山県串本町くじの川の橋杭海水浴場駐車場で1日、わかやま冬の交通安全運動(1〜10日)に伴う街頭啓発があった。串本署、県東牟婁振興局串本建設部、町役場など5団体から13人が参加し、ドライバーに啓発品100組を配布。飲酒運転の根絶などを呼び掛けた。
 交通事故をなくする県民運動推進協議会串本地区連合会が主催。啓発前に串本建設部の花光二朗総務用地課長があいさつし、交通安全運動への協力を呼び掛けた。参加者は警察官の誘導で国道42号から駐車場に入ってくるドライバーに3色ボールペン、反射キーホルダー、チラシの啓発品を手渡した。
 串本署の楠間慎也交通課長は「年末にかけて酒を飲む機会が増えるので、酒を飲んだ時は絶対に車を運転しないでほしい。また、車を運転している時、横断歩道に歩行者がいたら必ず止まってほしい」と話した。
 同署管内で交通安全運動期間中に行われる街頭啓発活動の時間と場所は次の通り。
 3日午後4時〜5時=オークワ串本店(串本町串本)▽4日午前10時半〜11時半=オークワすさみ店(すさみ町周参見)▽8日午後4時〜5時=オークワ古座川店(古座川町高池)▽10日午後4時〜5時=オークワ串本店